Menu
スタッフブログ

派遣社員ではどのようなキャリアアップを目指せるのでしょうか?

ブログカテゴリ

ブログ一覧に戻る

派遣でキャリアアップ

 

 

派遣でもキャリアアップができる!

 

 

 

社会人として働く上で、キャリアアップを行うことは非常に重要なファクターです。

 

 

キャリアを積み自分の能力を上げていくことは、会社にとっても利益になりますし、将来的に給与や昇進に大きく影響することもあります。

 

 

しかし、「キャリアアップは正社員だけのもので、派遣社員には縁がないものだ」なんて考えている方はいませんか?

 

 

確かに、以前の派遣社員はそのようにキャリアアップから縁遠い扱いを受けていました。

 

 

派遣社員は派遣される仕事についての研修は受けますが、正社員と比べて、キャリアアップ研修を受ける機会はほとんどありませんでした。

 

 

また、派遣社員として行われる派遣業務は、履歴書などに書く職歴として認められない場合もあります。

 

 

そのため、いくら派遣で長く働いていてもキャリア形成はできない、と言われていました。

 

 

キャリアを積めない派遣社員から正社員になることは難しく、「一度派遣で働くと正社員にはなれないのではないか?」という考えから派遣として働くことに拒否感を抱いている人もいらっしゃるかもしれません。

 

 

しかし、現在では派遣の状況は大きく変化しています。

 

 

最近では短期間の派遣業務だけでなく、専門的な分野や、管理者においても派遣が幅広く活用されるようになりました。

 

 

さらに、正社員と派遣社員との格差が問題になったことから、国は2015年の改正派遣法において、派遣社員のキャリアアップ支援が派遣元へ義務付けられるようになりました。

 

 

これにより派遣元は、派遣社員が派遣労働を続けながら専門性の向上や職務の幅の拡大などを行っていくことや、 正社員化や直接雇用化を図ることなどにより、処遇の向上につなげていけるよう、「派遣社員の教育研修」「派遣社員のキャリアカウンセリング」といったキャリアアップ教育のための研修を行うことになったのです。

 

 

このように、現在は派遣でもしっかりとキャリアアップ計画を立てることでキャリアを作ることが可能になりました。

 

 

 

派遣でキャリアアップをするメリット

 

 

 

それでは、派遣社員として働きながらキャリアアップをすることには、普通にアルバイトやパートで働きながらキャリア形成を目指すのに対し、どのようなメリットがあるのでしょうか。

 

 

まず最も大きなメリットは、派遣元にキャリアアップ教育の研修が義務付けられているため、派遣であれば確実に研修が受けられることです。

 

 

派遣社員はさまざまなキャリアアップ研修の中から、本人の派遣内容やキャリアアップ計画に応じて必要な研修を受けることができます。

 

 

また、これらのキャリアアップ教育の研修にはキャリアアップ補助金が支給されるものもあります。

 

 

そのため、これらのキャリアアップ支援による研修は派遣元の会社にとっては負担ではありますが、その研修により派遣社員の質も向上するため、充実した研修を行っている派遣元も少なくありません。

 

 

アルバイトやパートであれば、キャリアアップをするためにはセミナーなどを通じて、自ら研修をしなければいけません。

 

 

さらに正社員においては、社員教育の研修はその会社ごとに任されているため、研修の範囲が業務に限られていたり、場合によってはほとんどない場合もあります。

 

 

そのような点において、派遣社員はきちんとしたキャリアアップ研修を受けることができるという、大きなメリットがあるのです。

 

 

派遣でできるキャリアアップとは

 

 

このように、派遣社員は派遣元からキャリアアップ支援を受けることができ、仕事をしながらキャリアアップを目指すのに非常に有効な環境です。

 

 

それでは、派遣社員のキャリアアップではどのようなことができるのでしょうか。

 

 

派遣における教育や研修はキャリアアップ計画に基づいて、段階を踏んで行われます。

 

 

ひとことにキャリアといっても、その内容はさまざまです。

 

 

派遣社員や正社員として働く上で非常に重要なビジネスマナーに関することから、パソコンなどOA機器に関する専門知識、派遣業務に関する知識、資格や免許の取得などなど…。

 

 

これらを考えながら、まず最初に自分の今のキャリアを分析し、派遣社員としてどのようなキャリアアップをしていくのかといった派遣でのキャリアアッププランを作成します。

 

 

例えば、企業における正社員を目指す、または派遣社員としてさらなる専門分野でのスキルアップを目指す、などといったものです。

 

 

派遣元では派遣社員のキャリアアップについてのカウンセリングも行っているため、相談しながらしっかりと将来を見据えたキャリアアッププランを作成することができます。

 

 

そして、このキャリアアップ計画を元に、研修が行われることになります。

 

 

主に派遣会社からキャリアアップ教育の研修として行われるのは、OJTにあたる基礎的なビジネスマナーやOA機器に関する研修です。

 

 

また、派遣先での業務に必要な知識に関する研修が行われている派遣会社もあります。

 

 

例として、販売員研修やテレフォンアポインター研修、接遇マナー研修といった、現場での実践において役立つ研修があげられます。

 

 

これらのキャリアは派遣だけでなく、正社員として雇用されるうえでも非常に重要となります。

 

 

さらにそれ以上の専門的な知識や、資格の取得によるキャリアアップを目指す場合には、外部の専門スクールとの提携や資格取得費用の補助などによって支援を行っている派遣会社もあります。

 

 

キャリアとして取得できる資格の例として、日商簿記検定やマイクロソフトオフィススペシャリスト、秘書技能検定、大型免許やフォークリフト免許、危険物乙種4類、といったものです。

 

 

特に資格の取得はキャリアとしてとても大きいもので、専門的な派遣業務はもちろん、専門的な分野への正社員転職においても非常に有効となります。

 

 

正社員で働きながら資格を取得することが難しい場合も多いため、派遣であるほうが正社員よりキャリアアップできることも少なくないのです。

 

 

キャリアアップできる派遣会社を選ぼう

 

 

このように、派遣社員はキャリアアップができないということはなく、派遣として働きながら、さまざまな分野でキャリア形成することができます。

 

 

しかしながら、これらの研修についての内容や特徴は、それぞれの派遣会社によって異なります。

 

 

専門分野における派遣会社ではその専門分野についての研修が強い、といったような形です。

 

 

もしあなたが派遣社員としてキャリアアップを目指すのであれば、キャリアアップ支援についての内容を確認し、自分の目的にあった派遣会社を選ぶことが重要になるのです。

ブログ一覧に戻る