Menu
スタッフブログ

派遣コストを大幅削減し、最適化させる方法とは?

ブログカテゴリ

ブログ一覧に戻る

派遣コストの大幅削減

 

 

派遣によるコストの削減

 

 

「人件費をもっと削減することはできないだろうか……」

 

 

このような人件費削減の悩みをお持ちの企業様は少なくないのではないでしょうか。

 

 

企業にとって、固定費の多くを占める人件費の削減は頭を悩ませる問題の一つです。

 

 

その人件費の削減において特に効果を発揮するのが、派遣や請負などの業務委託の活用です。

 

 

正社員を雇用する場合、その給与の他にも福利厚生や社会保障費といったコストが必要となります。

 

 

そのため、時期によって業務量が変わる場合や、業務内容が定常化している場合には、直接雇用である正社員の業務の一部を派遣社員などに移し、適材適所で調整することでコストを削減することができるのです。

 

 

また、派遣社員は即戦力として派遣が行われるため、正社員の場合に必要な教育に関するコストを削減することもできます。

 

 

このように、業務を直接雇用の正社員だけで行うのではなく、派遣を活用することはコストの削減に大きく役立ちます。

 

 

また、パートやアルバイトで行っていた業務についても派遣や請負などの業務委託を活用することで、コスト削減になる場合があります。

 

 

通常、パートやアルバイトは派遣や請負などの業務委託に比べて給与が低く、コストを削減することができます。

 

 

しかしながらパートやアルバイトを雇用する場合に削減しづらいコストとなるのが、パートなどの募集の費用と手間です。

 

 

パートなどを募集しても実際に雇用へ至るまでにはタイムラグがあり、また、求人広告を使う場合はもちろん、そうでない場合にもさまざまな費用的・時間的なコストが発生します。

 

 

これに対して派遣であれば募集から教育までの手間を削減して派遣元へ一任でき、イベントなど「すぐに」人手が必要な場合にも派遣であれば対応することができます。

 

 

このように、パートやアルバイトと派遣や請負などの業務委託をうまく使いわけることでコストの削減につながるのです。

 

 

派遣コストの削減でさらなる最適化を

 

 

それでは、みなさまは「派遣コストの削減」について考えたことがあるでしょうか。

 

 

派遣や請負を活用しただけでは、人件費を最適化できたとは言えません。

 

 

その派遣や請負における派遣コストが十分に最適化されているかを見ることで、更にコストの削減が可能となります。

 

 

たとえば、派遣を利用するにあたって、それぞれコストが削減できるからと何社もバラバラの派遣会社へ依頼をした場合、派遣ごとの費用は削減できても、それぞれの派遣会社への手続きが煩雑になることで社内コストがかさんで十分なコスト削減効果が実感できなくなります。

 

 

また、派遣コストが削減できても能力の低い社員を派遣されれば、業務が滞ってしまい逆にコストがかかってしまうということになりかねません。

 

 

そのため、信頼の置ける派遣会社へ一括で派遣を依頼することで、結果的に派遣コストが削減されることになります。

 

 

また、派遣社員が実務を担当している業務においては、その管理者となる正社員が必要となりますが、その部分のコスト削減はできないと考えている会社も少なくありません。

 

 

このような場合に有効なコスト削減法が「ハイブリッドアウトソーシング」です。

 

 

これは自社雇用の常駐管理者をもつ派遣も請負も可能な派遣会社に対して、請負として業務委託を行い、その常駐管理者が業務量に応じてスポット人員を調整し、業務を管理するという方法です。

 

 

ハイブリッドアウトソーシングのメリットは、請負にすることで正社員をコア事業に注力できることはもちろん、委託先が「スポット人員の動員も得意とする派遣会社」であるため人員の調整がスムーズにでき、無駄を省いて生産性を上げることで全体の派遣コストも削減することが可能な点です。

 

 

このように、派遣や請負を利用するだけでなく、業務形態に応じて最適化できる派遣を行うことで、派遣コストを大幅削減し、最適化することが可能なのです。

 

派遣のコスト削減

ハイブリッドアウトソーシング

ブログ一覧に戻る